転職

面接で盛った結果のデスマーチ

就活に失敗し、フリーターをしながらいわゆる同人活動としてゲーム制作をやっていました。 受け持っていたのは企画とシナリオライティングで、ライティング自体にはそれなりの自信があったのですが、実際のところ企画は一緒に活動していた仲間によるものがほとんどでした。

続きを読む

小さな会社の面接なら気付かれないのに

人生初の転職活動を行っていました。学生の頃から10年以上、履歴書を書く必要がなかった私にとって、初めて履歴書を書く際、悩んだのは専門学校中退という事実です。入学は4月、退学は5月。入社は7月です。それでも、ハローワークの人達は短期間であれば書く必要がないと言うので、私も不利になるのを恐れ、高校卒業3月から3か月間を飛ばして7月入社の履歴書を作り上げました。

続きを読む

やり過ぎは禁物!面接時の嘘が後々バレて嫌な思いを

私の学校は2年制でした。しかし少々特殊で2年目が始まってからは就職が決まった人からどんどん就職して行くのです。つまり2年目から就職活動をして、仕事が決まった人は学校から出て行きます。そういう仕組みでした。

続きを読む

「できない」ものを「できる」と嘘を吐いてもすぐにバレる

私は根っからの機械音痴です。学生の頃も体から電波が出ているんじゃないかと言うくらいに身の回りで電化製品が壊れていました。パソコンが勝手に落ちたこともあります。それくらいに機械との相性が悪かったです。いつもは肉体労働の仕事を良くしていたのですが、低賃金でやってられませんでした。忙しいのに低賃金なのは精神的に辛いです。もっと楽して稼げる仕事に就きたいと、いつしか思うようになりました。

続きを読む

ペーパードライバーを隠したことで

私は本来はまじめな性格です。ですからさらっと嘘をつくタイプではありませんでした。しかしこのときはどうしても早く仕事を見つける必要がありました。だからあんなことを適当に言ってしまったのです。私はそのとき、家を追い出されそうになっていました。以前の仕事がうまくいかなくて何も考えずにやめてしまいました。すぐにでも次の転職先を見つけるはずだったのに、それがうまく行かなくて家賃を支払えませんでした。それが何か月か続いたころに、直接大家さんにあと数3か月の間に出て行ってほしいと言われたのです。だからそれまでにマンションの家賃を支払う必要があったのです。

続きを読む

小さな嘘が積み重なって大きな嘘へ!長かった嘘

私は地元と遠く離れた県外で就職をしました。その就職先での面接でつい言ってしまった嘘があります。これが後々こんなに響くことになるとは思いませんでした。その日の面接は私にとってすごく重要なものでした。私はいくつか面接を付けている職場があったのですが、ここが一番の本命で、なんとしてでも受かりたいと思っていたのです。ですから多少盛ってでも面接官に良い印象を抱いてもらいたい、そして採用をしてもらいたいと思っていました。だからこそ、あの場面で嘘をついてしまったのです。

続きを読む

嘘や盛りすぎは時には仕事に影響する!

成績が良かったと盛りすぎてバレたときに大失敗

カレントモーション

プライバシーポリシー